Retrovirus
NOTE

Since 2001.02.16 Japanese versiton Only.

四国行ったー!


今年のガンダムウィング週間は、ウチから直線上ですぐそこにある四国のうどん県にうどん食いに行ってきました。


———————

当初の目的だった「しまなみ街道(尾道~今治間)を自転車で完走する」という行事は、天候があまりよろしくなかったので見送り。
だって、橋の上で普通にバスがふらふらする程度には強風吹いてたんだぜ……ちょっと敬遠したよね……。
まぁ、また機会があればリベンジ。
今治→尾道だったら原チャリで渡れるみたいなんだけどなぁ(その反対は出来ないらしい)

5/3~5/5に徳島であった「マチアソビ Vol.8」というアニメ系?のイベントで、初日の5/3にKalafinaがJR徳島駅の一日駅長やったとかミニライブしたとかありましたが、わたくしは行っておりませんよ?
だって四国に上陸したの、5/4ですし…。

まぁ、それはいいとして。
うどん食ったのは翌日の5/5でして。
まわった件数としてはそこまでではない…のかな?
しかしながら、さすがにね、休憩挟まずガツガツと行けるほど胃が丈夫ではなかったので、ぼちらぼちら休み休みに食らってきました。
回ったのは以下の6件。うち、1件は麵販売のみでしたので見送り。
あと、色々とレビューなどを見て回って、超有名店とかはあえて外して回ってみました。
…あ、一切写真撮ってねぇや←

一件目は上原屋本店さん。
カーナビのおねーさんを頼りに行った場所には「移転のお知らせ」の張り紙がしてあって、一瞬ひやりとしたとかしなかったとかw
しかし、開店直後くらいにお店に着いたのにものすごい行列でしたね。
注文したのは、かけうどん(温)、220円也。
薬味にねぎ大量と天かすを少量を入れて、かけうどんなのに出汁は少しだけかけて頂きました。
一口目に出汁から頂いたのですが、いりこの風味がよく出ていて、後味もさっぱり。
うどんも硬すぎず柔らかすぎず、「うどん食ってる感」が嬉しい感じでした。
讃岐うどんはコシを取るために塩が入るので塩味が強いんですが、それすらも出汁とマッチして大変幸せな一杯だったです。

朝の一杯をひっかけて、次に向かったのは穴吹製麺さん。
製麺所というくらいだから、そりゃなかなかな製麺所なんだろうなって思って、カーナビのおねーさんを頼りに向かうと………住宅地の中に紛れてぽつんとお店が立っておりました。
雰囲気は「昔ながらの個人商店」といった感じ、かな。ただ、あまりにも普通の民家過ぎて、ホントにここでいいのかよって三度見くらいしました。商売する気がないんだろうか…(笑)
店に入っても、こじんまりとした空間に小さな机があり、その上に出汁の入った大きな鍋2つと天ぷらの入った大きな発砲スチロールの箱が置かれていて。
それらに圧迫されて、うどんを食べるスペースがあんまりなかったよ…(笑)
注文したのはかけうどん(小)、130円也。
出汁は2種類あって、1つはかけ用の普通の醤油出汁で、もう1つはいりことかつおで筍を炊いた出汁でした。「季節もんだから次来たら食べれんぞ」とお店のおいちゃんに言われて、それだったらと筍入りを頂きました。
出汁は絶品。筍がものすごくいい味出してて、とても美味でございました。
麺は讃岐うどんの強いコシを期待すると少し期待外れな柔らかめな麺。
けれどこの柔らかさが不思議な食感を生み出していて、噛むともちもちしている中にうどんのコシを感じました。
硬いうどんが苦手、という方に是非ともオススメしたいうどんだな。

次。
少し食休憩を挟むつもりで西へ向かいつつカーナビのおねーさんに案内してもらった日の出製麺所さん。
1時間だけやっているという店内飲食を目当てに行ったんだけど、GW中は麺の販売のみしかやっていなかったようで、そのままスルーしました。
残念……美味そうな予感がビンビンしたのに。

で。
ちょっとしょんぼりしながら、近場で何かないかとナビのおねーさんに訪ねると、結構な近場に数件発見。
その中で一番近かったこむぎ屋さんをチョイス。
観光客よりも地元の方の方が多いなぁと感じました。お昼前だったからかな。
注文したのは、当日サービス品だった肉うどん、350円也。
これが、わたくしものすごい衝撃でした。マジで。ホントに。
「こんなに美味い肉うどん生まれて初めて食ったよ」って思ったくらい美味かった…。
肉うどんて、うどん出汁と乗せる肉の煮汁が合わさって少し甘みのある出汁になるんですけど、これがさ……本当に美味いのよ。
麺も絶品。一番好みな硬さのうどんで、うどんの塩気と出汁がよく合ってた。
次も来るならここで食べたい。マジおすすめ。

調子に乗って丸々一杯を平らげてしまったのでちょっと胃がたぷたぷだというのを言い訳に、長距離を移動。
だいぶお腹がこなれてきたくらいに、これまた住宅地に建っていた少し大きめな構えの手打ちうどん 小野さんへ。
お昼を外した時間だったので、店内は人もまばらでした。
注文したのは湯だめうどん、230円也。
俗に言う釜揚げうどんみたいなものですな。
つけ出汁に、薬味としてねぎとすりごまを少々入れて頂きました。
ここの麺もコシの強いうどんだったのですが、個人的にはちょっと塩味が強すぎかなぁ、、、と。
しかし、つけ出汁が醤油の風味が良くて美味しかった。ごま入れて正解だったかも。
やっぱかけうどんにしとけば良かったかな…。

ラスト、うどん県に入った時に見つけた最西端のうどん屋という看板が気になっていた西端手打 上戸さん。
時間的にも閉店間際だった事もあり、冷やししかないよと言われるまま冷やしぶっかけを注文。230円也。
出汁を取ったいりこがそのまま天ぷらで出されていて(サービス品)、出汁の方もいりこ風味が強いさっぱりとしたのど越し。
うどんも少し太めな麺で、つるつるもちもちな絶品でした。
麺はここが一番美味しかった。冷やしが美味いお店は温麺はもっとおいしいんだぜ。
ぜひここの温麺食いたいっスな~!

こんな感じのうどん県めぐり。
個人的に優劣を付けるなら、

こむぎ屋>西端手打 上戸>穴吹製麺=上原屋本店=手打うどん 小野

こんな感じでしょーか。
こむぎ屋さんと上戸さんはもっかい行きたいと思った。この2件はオススメ。
次また回るなら、今度は写真撮らないとね…w

 

……あれ、GWってガンダムウィングだよね?←

Pocket

Return to Top ▲Return to Top ▲