Retrovirus
NOTE

Since 2001.02.16 Japanese versiton Only.

GirlsLoveFestival14お疲れ!&FLOWERSのイメージCD頂きました!


改めて、GLFes14へご参加のみなさま、おつかれさまでございました。
また、当サークルの本をお手に取って下さった方々、本当にありがとうございます!
少しでも楽しんで頂けてましたら嬉しいです。

9月のGLFes15合わせでまたえりか嬢至上主義な合同誌をやる予定なので、また残念な感じのネタをね、やりますよ…!(笑)
あと、小説本の「Varmo」のエロが絡まないアフターマンガをやりたいけど、千鳥さんとすおさんでやりたいお話もあるので、どっち優先すっかなっていう。
色々と悩ましいところです。
「channelled heath」と合わせ、自家通販の方にも今回の新刊を追加しております。
ご入り用の方はサークルページよりどうぞご利用くださいませ。

今回の新刊の文庫は勝手が判らず結構不安要素がてんこ盛りだったのですが、印刷会社様の尽力できちんと本になって、た!(´Д`*)←ぁ
反省点は多数あるのですが、念願の文庫サイズで本が出せたことをまず喜びたいと思いました。
ゲームシナリオ以外であんなに長文書いたの久々過ぎて加減がわからなかったのも良い思い出です。
絵ありきのゲームシナリオと文章のみで勝負する小説って違うじゃないですか…。
もっとガッチガチのお堅い文章だったのですが、なんだかいつものらしさがないなぁと思って崩していったら崩しすぎた感が否めないとかなんとか。
随分と「小説」を書く事から離れていたので、原作の世界観とかキャラ性を壊していないかと冷や汗ものです…。
まぁ、マンガでさえちゃんと原作踏襲してんのかよって話ですがw
これはどうしても文字でやりたかったのでね……概ねの事は書けたので、一応の満足はしているのですが。
マンガの方が楽だなって、ちょっと思いました(笑) まぁ、こっちはこっちで難しいと云えばとても難しいのですがね。

 

そして、今回のイベントで頂いたこちらのCD、ありがとうございます!
FLOWERS Amitiés Image Album -saison en bouton-

4eyesismaidenさまの『FLOWERS Amitiés Image Album -saison en bouton-』というイメージアルバムです。

イメージアルバムですってよ!
個人的にもこういったアレンジCDは同人・商業関係なくよく買うので、好きな作品のものが頂けたのは地味に嬉しかったです。
当日会場にいなかったので直接お礼申し上げる事が出来なかったのですが、頂きました! ありがとうございます!!

んで、早速聴かせて頂きました。
全6曲なのですが、どのトラックもわりかし好きなトラックでして、良いものを頂けたなと。
創作する側としての音楽は門外漢なのでマニアックな褒め方が出来ないのが悔しい所ですが、タイトルと曲の雰囲気から色々と感じる事の出来る1枚だと思いました。
個人的に特に推したいのは、Tr.02「germe」とTr.06「californica」。
Tr.02は、タイトルの如くです。フランス語で「芽」でしょうか(多分)。あぁ!(・∀・)ってなった。
Tr.06は、学名Eschscholzia californica、ハナビシソウです。すごく立花だよ!

1回聴いてピンと来なくても、2度3度と聴いているうちにじわじわとくる楽曲ばかりですので、個人的に推しです。
アルバム自体はMP3として4eyesismaidenさまのサイトより視聴もDLも出来るページへ飛べますので、興味を持たれた方は聴いてみるのもアリだと思います。

Pocket

Return to Top ▲Return to Top ▲