Retrovirus
NOTE

Since 2001.02.16 Japanese versiton Only.

着々と原稿中。。。だけど。【画像追加有】


作業に入っちゃうとまったく表に出てこなくなっちゃってすみません。
一旦集中しちゃうと他が疎かになる性格なんスよ…。

そんなわけで、着々と原稿中なのですが。
今回、いつも手癖でガツガツ描けて楽が出来る車椅子の人が1ページというか、一ヵ所しかいないので、他をものすごい気を遣って描いている感じになっています。
ピアノ難しいよピアノ……1ページに何度もコマ内に描くのって、フリルを描くのと同程度つらい事が判明しました。
ピアノはむかーしに師事していた事があって、黄バイエルの終わりくらいまでは習っていましたけれども。
あれも相当つらかった思い出しかないのですが、実際に触るのと描くのって違うよ!(当たり前だ

そんな苦労の末の、表紙の線画チラ見せ。右側は追加分の仕上がりイメージ。(16/03/05 18:08追記)
ちどすお本表紙の線画みたいな こんなイメージのやつ

前から、すおさんがピアノに触れるのって夏以降なんだろうなーとかのたまっておりましたが、色々悩んだ結果、秋服で描こうと思ってた話だったのですが、夏服で描くことにしました。
秋服も好きだけど夏服が一番好きなんだよ…!!←不純な動機
いや、理由はそれだけではないんですが(笑)、そういうのは本の中でお話しようと思います。フリートークのネタだしね。
今云えるのは、千鳥さんはきっちりと真っ直ぐでイケメンであると云う事だけです。
あとは、思った以上にページがかさばったって事ですかね……間に合うのかこれ…←またか
しかし、公式見解がどうであれやっておきたいお話なので、頑張る所存であります(・∀・)ゝ

 

それと、ちょこちょことツイッターの方でも募集を掛けている『FLOWERS 秋篇』で秋篇本やりませんかのお誘い、まだまだまだまだ決行中でございます。
設けている締切は夏コミ後ですが、みんな夏コミで消耗してそれどころではなくなるだろうから、本格的に夏コミ原稿をやる「前」に、ちょろっと描(書)いてくれると嬉しいです!
募集の詳細はこちらの「秋篇合同誌へのお誘い」の記事にて。オナシャッス!

Pocket

Return to Top ▲Return to Top ▲