Retrovirus
NOTE

Since 2001.02.16 Japanese versiton Only.

GLFes20おつかれ!&イノグレブース行ったよ!&ミュシャ展にも行ったよ!


去る06/04に開催されたGirlsLoveFestival20へご参加のみなさん、お疲れさまでした!
また、ウチのスペースへ足を運んで本を手に取って下さった方々、ありがとうございます!!
少しでも楽しんで頂けましたら幸いです。

はブアンソロの方も無事に発行出来、たくさんの方に手に取って頂けました。ありがとうございます!!
何だよ、はブ同人は既に下火で流行ってねーとかちらほら見かけたけど、全然そんな事ないじゃん……みんな大好きじゃんね……。
本でも触れていますが、もっかいやるからな。もっかいごちゃまぜ本やるよ!!
みんなも先生に「連載お疲れ様でしたー!!」って言おうぜ!!(*´∀`)

それから、「FLOWERS」関連の方でも色々とお声を掛けて頂けて嬉しかったです。
あなたが神か!と拝みたくなるようなお言葉をたくさん頂きました……やっぱり拝んでおこうアリガタヤ ((´人`))アリガタヤ
そんなん言われたら色々張り切っちゃうじゃないですか……ふひひ……←典型的なO型

あとは、ご無沙汰していた方々にガツガツお会いできて嬉しかったです。
あんまり生身の人間と接する事がないので、相も変わらずキョドりが先行した不審者でしたけれどもw
じっくりお話してみたいなぁと思っていた方とお話する機会も得られて、すげー楽しかったです。
やっぱりイベントっていいよねー(*´Д`*)

次は夏コミすっ飛ばして10月のGLFes21への参加を予定しています。「FLOWERS」の冬篇も出てるしな。
ここでは、冬発売からイベントまで時間ない(印刷所締切まで15日もない)ので、広く募集する方じゃないいつものメンバーだけの本になりそうですが。
冬篇&完走おめっと合同本というかアンソロジーというかという例の企画は、今年の冬コミ合わせでやります。
なので冬コミ出るよ。折角コミケ合わせだし、ちょっと豪華にしたい(´ω`)
その前に、もしかしたら地元の広コミに出るかもしれないです。8月のやつに。
「ユーリ」のプチオンリー覗きに行きたい…←本音 掘り出し物が見つかりそうで。

はブアンソロの方はぼちらぼちらと書店委託の手続きをしてもらっています。
なので、自家通販やPDF版はちょっと待ってもらう感じになるかもしれません。色々大人の都合があんねん(´ω`)←
個人誌である「FLOWERS」のえりちど本の方は、近いうちに紙媒体の本の方もPDF版の方も通販案内出来るかと。
また分かり次第、サークルインフォのページにて。

 

で、ここからイノグレブース行ったよ!&ミュシャ展行ったよ!のふんわりとした感想文です。

———————-

はい。
今回のGLFes20にはイノグレさんがいらっしゃっていたのではりきって参戦したのですが(笑)
秋篇のファンブックが間に合っていれば……という思いもありつつ、アクリルチャームのご購入と缶バッチのガチャガチャやってきました。
個人的には、アングレカムのこの校章、ピンズで欲しいよ……銀粘土こねて自分で作るか……まだ銀粘土あるし……←落ち着け

……それから……これを見てくれ……!!
推しが揃った

おひとり3回までのガチャで、こ の 3 人 が 来 た よ !!!!
ガチャガチャのスペースはものっそたくさんの人だったので、とにかく3回回して3つのカプセル開けてその場を離れる事しか頭になかったんですよね。
スペースに帰るまで絵柄をちゃんと見てなかったんですけど……ビックりしたよね……。
1つ目開けた時はちらっとすおさんが見えたので「ラッキー☆」くらいにしか思ってなくて。
2つ目の時はなんか車輪が見えたから「ショタ来たー!」って思ってて。
3つ目に至っては、カプセルがなかなか開かなくて焦っていたので、開いてもチラリとも見ずにポケットに突っ込んでその場を後にしたのですが。
「やっふぉーぃ!!すおさんとえりか嬢来たわー!!」って言おうとして椅子の上に全部広げたら、見えてなかった最後の刺客が千鳥さんだ…った……とか……

 

な!!(*´∀`)

 

どなたかとトレードして集まったんじゃないよ……無心で3回回したらこいつらが来たんだよ……。
ここしばらくの運を使い果たした感がパナィ!!ww
っていうか、これは何かの啓示なのでは…!とか思いました。
だって……冬の千鳥さんのあのキャラ説明も相まってさ……なんか、こう……本妻(千鳥さん)と旦那(えりか嬢)で愛人(蘇芳さん)を慰める会とかあるんですかね……!!
だったら別に性的な意味でも、いいよ!!(*´∀`)←話が飛躍しすぎ

サイン会では憧れの杉菜さんとお話出来たし、鈴湯さんともお話出来たし、その上でこれだよ……最高か……_(:3」∠)_
スペースの都合でトークショー&クイズ大会には参加してないですけど、満足だわ……。
土壇場で行くって決めてよかったー!! うぇーい!!ヾ(*´∀`)ノシ
こんな事があったので、あの瞬間ははしゃぎすぎて周りのサークルさんにすごくご迷惑をお掛けしたのではないかと思いますw
本当にすんませんでした……でも嬉しいじゃんね……!

 

そんな上機嫌な気持ちを抱えつつ、翌日、開催最終日でありました国立美術館での「ミュシャ展」に行って参りました。
帰って来てから、写真全然撮ってないなと思ったので、買った図録とかグッズとか取ってきたパンフとかでお茶を濁す作戦。
ミュシャ展のパンフとか図録とか

国外展示は初になるミュシャの「スラヴ斜事詩」全20点を中心に展示されたミュシャ展です。
もう、すごく見たかったんですよこれー! 生原稿見られるなんて!!(生原稿言うな
どの絵もさ、本当にそんなに時間経ったものなの?っていう鮮やかさがあって、しかも情報量めちゃ多くて常に圧倒されまくりでした。
色使いもそうなんだけど細かな所の筆使いとか、見てて「きっとこうなんだろうなぁ」と思って見ている所もあったし、そんな事を思う暇もないくらい絵の勢いに圧倒されてただ眺めているだけ、という所もあったし、画像とか図録とかで見慣れた絵の実物を前に(((*´∀`*)))ってなった所もあったりしました(笑)
人の表情がすごくリアルで見てると絵の中に引き込まれそうな錯覚に何度も陥ったりとかして、もう、最初から最後まで「すげー!!(小並感)」な感想しか出なかった思い出。
時間が経った今でも図録を眺めていても、やっぱり生で見たあの迫力が思い出されて「すげー!!」しか出て来ないんですが(笑)
言葉にするとなんか嘘になっちゃう感じがするんだよねぇ……うーん……何と言えばいいのか。。。語彙力なくてすんません(´Д`)
でも、言葉に出来ないものってどうしたって出来ないよね……。

そんな感じで、絵に圧倒されつつ人混みにも押されながらの全80点くらいだったかな、のミュシャ展をぐりっと回りました。
個人的には「スラヴ叙事詩」が全点見られたのはとても嬉しかったんですが、演劇のポスターのシリーズである「メディア」や「ハムレット」や「ジスモンダ」、それから、教会のステンドグラスとして依頼されていたという「ハーモニー」を見られた事が嬉しかったです。
はーーー……行ってよかった(*´Д`*)

 

今回の帝都遠征は色んな刺激を貰ったので、色々して行きたい所でごわす。
ひとまず……作りかけのすおえりエロゲから片付けていきましょうかねー。

Pocket
Return to Top ▲Return to Top ▲