Retrovirus
NOTE

Since 2001.02.16 Japanese versiton Only.

SSネタの供養なぞ


どこに投げようか色々悩んで、最初からサイトのログ倉庫に放る事にしました。
MAIN LOGのINDEXの方にはまだFLOWESブロックを作ってないんですが、イラストの数が結構あるので、これを整理してからじゃないとね…。
Pixivの方に投げようかなって思ったんだけど、FLOWERSのSS担当のみなさん、めっちゃレベル高くていらして新作来る度に震えていたので逃げ帰ったオチとも云う。

 

夏篇をプレイし終わった頃に、えりか嬢とすおさんと千鳥さんで二次創作ゲーム作りてぇなー!!とか本気で思って、色々と案を練っていたんですが。3つか4くらい。
短編を集めたノベルゲーだったり、ポイント&クリックなパズルゲーだったり、R18G(←)な脱出ADVだったり、エロゲだったりを考えたけど、なーんかイマイチ「それじゃない感」が強くて、考えるのを一旦止めまして。(草案自体は残ってる)
あーだこーだとマンガラッシュ決めた頃に、じゃあとりあえず文章でやってみたらどうだろう、と思って、あの小説本をやらかしたわけなのですが。
ゲームで読むテキスト的に書くのと小説的に書くのって、自分の中では結構テンションが違ってて。
とりあえず、久々にかっちりした文章書いたらどんな感じになるかなー、と思ってダダッと慣し的に書き出したのが、今回の供養対象です。
云うほど硬くないし、ワンシーンだけを切り取っているものなので短いですが。

マンガに直そうと思って描き出してはいたのですが、折角文章で打ったし、そのままを投げておきますね。
http://www.retrovirus.xyz/logs/text/flowers/ss001.htm

タイトルがついてますがあれは仮で、正式タイトルは、

「図書室のアレの時に譲葉先輩が現れなかったらもしかしたらえりか嬢の心境に何らかの間違いがあってこうなっていたかもしれなかったかもしれなくない事もないような気がする妄想SS」

です。内容のシリアスが台無しである。

 

また色々と考えてはいたのです。が。
夏前から悶々と考えていたネタとか、その後に本でやろうとしたすおえりやえりすおネタとかをあれこれと切り貼りして繋ぎ合わせたら、なんかルートっぽい感じなってきたので、あんまりガッツリしないエロゲやります(´ω`)←理由が単純
基本は夏本編に沿う形で、合間にちょいちょいすおさんとえりか嬢のやりとりを差し挟んでいくスタイルで。
考えていた基本となる流れが既刊の小説本に近いものがあるのですが、自分の中のイメージって変わらないなと思ったので。
つか、これをすおさんでもやって欲しかった…!な願望をちょいちょい詰め込んだものになりそうですが(笑)

今年中にはやっつけたい。最終目標は今年の冬コミ。
シナリオも半分以上は出来ていて、システムまわりもだいぶと組んでいるので、キャラ周りとサウンド周りを何とかしないといけないんですよね…。
絵は自分でどうにでもなるけど、音周りはまったくノータッチというか門外漢なので、どうしようかなぁというところです。
イメージに見合うものが見つかればいいけど、探すと見つからない物欲センサーの罠。
曲も自作出来たら全部自分で賄えるのになぁ…!!(´Д`;)

今年はそんな野望もあります、と云うお話でした。
でも、秋篇にことごとく持って行かれて「譲葉センパーーイ!! むしろ瑞沢さーーーーん!!(((*´Д`*)))」とか、年末までずっと叫んでたらゴメーンネッ(・∀<)ミ☆


描いてたスケブとか、拍手お返事とか


去年の冬コミ(C89)の時と、先日のGLFes16の時に看板としてひっそり立てていたスケブでお茶を濁しに来ました。
既に過ぎ去っていますが、2016年のバレンタインネタマンガも描いてた途中なんですけれどもね。
去年がすおさんとえりか嬢だったので、今年はすおさんと千鳥さんで。
公式はきっとえりちどで来るだろうからと構えていたらその通りで、千鳥さんきっと張り切って作ったりするんだろうなーと思ったので、去年のお返しと作らせるえりか嬢と同じように、こっそりすおさんに手伝って貰ったとかなんとかかんとか考えていたのです。が。
どうにも自分の中でパンチが甘いなと思って、続き描けずにいる…んだ……。落としどころを見失っている感である。

そんな感じで、左が冬コミ。右がGLFes16。
C89のやる気ない八重垣さん GLFes16にいた八重垣さん

冬の時は支度にバタバタしていて時間ねぇえええええええ((´Д`;))と思いながら、油性ペンでほぼ1発殴り描きだったです(笑)
やる気のなさがチャームポイント←
GLFes16のやつは、たまには真面目にアナログしてみるか…と思って描き始めたのはいいものの、描き上がったら、C89のサークルカットと同じような構図になってて(´ω`)って思った思い出の1枚になりました(笑)
アオリとか俯瞰の構図が好きなんですよ、実は。しかし、好きなのと実際にちゃんと描けているかは、また別のお話ですよねー……ちくしょう。
あとは、自分が持ってるえりか嬢のイメージがこんな感じ、というアレ。
実際、見上げて来てるのはかわいいなぁと思います。ウザがられてもひたすら頭をわしわししてやりたいというか、モフってやりたい←猫扱いか

時間がある時はアナログで描いてもいいかなぁ…。
すっかりデジタルじゃないとお絵かきが出来ない身体になってしまっているので。
しかし、昔から人目があると描けないんですよね……人と集まってお絵かきとか、他の友達の描いている所を見てるだけで出来なかったしなぁ…(笑)

 

それから、イベントから帰って速攻でポチったデスクライトがようやく届きました。
これで……あいつ(原稿)と戦える……!

 

パチパチと拍手ありがとうございます!! ご褒美です!!
ぽちぽちと押して下さるだけでも、本当に嬉しいんですよ…!!
どのくらい嬉しいかと云うと、ディスプレイの向こうでゲンドウさんのポーズでニタァ…と笑みを浮かべちゃうくらい、心底嬉しい←喜び方を間違えている例

>拍手おへんじー。


【募集終了】秋篇合同誌へのお誘い


2016年05月27日に発売致しましたInnocent Greyさん発の百合系ミステリィADV『FLOWERS 秋篇』でみんなでわいわいと本作りませんかというお誘いです。
つまるところ、我らが前回やらかした夏篇合同誌「channelled heath」や「white delight」の秋篇版です。

——

【160829 追記】
現行の募集は終了致しました。ありがとうございました!
参加者様等はまた後日追って発表いたします。

——

>詳しくはクリック!


GLFes16ありがとうございました!&拍手おへんじ


去る02/21のGirls Love Festival 16へご参加されたみなさま、お疲れ様でございました!
また、ウチのサークルの本を手にとって下さった方々、ありがとうございました!! 少しでも楽しんで頂けていれば、嬉しく思います。
今回本当にたくさんの方に手にとって頂けたおかげで、サイトの運営費(サーバー代とドメイン更新料)や次回以降のイベント参加費、製本代等への充填、そして一弥さんの机の上の環境整備として急を要していたデスクライトを購入出来ました!←一番最後が最重要案件
ウチの場合、本の売り上げっていつもこういう事に優先的に使ってるんですよ、実は(笑)
ありがとうございます!! みんなのおかげ!!(ノ∀`*)
つか、デスクライトくらい自分で買えよって話ですよね! わかってる!
それから、えりにゃんのアクリルチャーム、あと1匹野良のままでいるので、04/03の神戸のCジェネに! 持って行くからな! 先に名乗り上げて下さってもいいのよ!

この度の新刊はDLsite.comさんの方に申請を出しましたので、近日中に販売開始されるかと思います。
始まりましたらサークルページの方を更新いたします。
また、今回の新刊を含めこれまでの既刊もBOOTHの方でも紙媒体の本の物販とPDF版のDL販売を開始します。
今の所、取り扱いはFLOWERSのみです。
開始のタイミングは、DLsite.comさんの販売時期と合わせようと思うので、あちらの販売が始まったら、BOOTHの方も公開しようと思います。
PDF版はDLsite.comさんで販売させて頂いているものと同じものなので、ご都合の良い方をご利用下さい。
物販は今まで通り、当サイトの方でも自家通販として承っております。こちらもご都合の良い方を。
サイトからの自家通販より支払い方法がBOOTHの方が豊富なので、より利用しやすくなったのではないかと思います。
こちらも開始したら、サークルページからリンクを貼っておきますね。

そして、一つ前の記事でちらっと触れた、秋篇本に関する事ですが。
発売日がまさかの5月25?26?ちょっとうろ覚えで申し訳ないのですが。

おいっ、GLFes17の開催日が6月の第1週の日曜だったら、多分印刷所の締切は5月の26日だよねーうふふーとか思っていたら、まさかの発売日と被るor翌日だったとか、なんかのギャグですかw ってか無理じゃん、発売日からの直近のイベントで本やろうぜーとかwww

…という様相になってしまいましたので(笑)、本格的に募集を掛けるのは、もっと後にしようと思います。
夏コミは主犯側が都合で出られないので、6月を外すと一番の直近イベントが9月のGLFesになってしまうのですが。
秋篇本だし、秋に出すのも乙だよねーって話をしたようなしていないようなw
概要としては、2冊出した夏篇合同誌と同じで、秋篇に掛かる内容でみんなで本作ろうず!と云うもので、イラストでもマンガでも小説でも、みんな好きなように描いてくれたら、それを集めて本にするよ!という企画でございます。
主犯はわたくし一弥と、まきむらさん、既に決まっているゲストは、前回2冊にご参加頂いた萩夏樹さんと眼鉄太一さんです。
やりたい!と思った方は、フライングでご一報下されば企画の詳細を説明致しますので、声掛けて!
04/03のCジェネの時に直接申し出て下さってもOKですよ!

 

イベントと云うか、イノグレさんのブースに並ぶ人の圧倒的な多さに、並んでいてちょっと人酔いしそうになったりとかしたのですが。←人混みが苦手
PVが解禁になっておりましたね……色々と問題発言が飛び交っていた気もしました。
つか、やっぱ、そうなるよねー…っていう展開…だった……。
いや、悪くはないんです。元になるお話を進めるにあたって、絶対に避けて通れない筋だと思うので。思うんだけど……。
譲葉先輩は、ニカイアの頂点にいながら、実は知っておかないといけない一番肝心な事を知らなくて、その全てを握ってるのがネリー先輩で、裏のボスだった、って思ってたんですけど…。
秋のメインになって今までみたく譲葉先輩で推理パートを挟むのなら、一番肝心な七不思議の事って歯抜けくらいじゃないとメリハリがないと思ったんですけど…ね。
そんな感じじゃないもんなぁ、すおさんに突き付けた難題から察するに。つか、マジで引き込みやがってたし(笑)
冗談で秘密結社アングレカムとか云ってたのがホントになりそうw
譲葉先輩がああ云った意図に、きっと結局自分では成し得なかった事を託す意味合いも込められていると思うので。
しかし、事件としては面白い方向なんだけど、持って行き方にちょっと不安を覚えたPVでした。
ライトな方向で行くみたいだから、それでいいのかなぁ…。
叶わぬ恋の「叶わぬ」の部分の表面的には、二人とも洗礼受けてるから、って理由だったらいいけど、それが理由の8割とかだと泣く。頼む……頼むよ……マジ……。
ネリー先輩が全ての鍵だったのは、無問題でありました。こんなキャラが一番黒いってのは太古の昔から神が決めたもうた真実なのですよ!←

あと、夏篇のファンブック。
ぼくは巻末の瑞沢さんのインタビュー項目だけで幸せいっぱい夢いっぱいでした。
つか、さすが中の人……わかってる……!! えりか嬢に対してはそうだよね……!!(ノ∀`)
これ、冬はゆずえり期待していいのかしら……いいのかしら……!!((*´Д`*))

 

っていうか瑞沢さんに壁ドンされたのいいな!!←そこか

 

中の人愛がハンパなくてすみません。だってすげー好きな声優さんのお一人なのですよ…。伊達に13年も追っかけてないよ…。
そんな方がものっそ好きな先輩の中の人なんだよ……なにこれご褒美か!!(もう黙れ

 

そんなこんな。
秋も色々と邪推しまくりすぎてなんだか斜め上に考えてしまっている感じなのですが。
当たると嬉しい反面、そんな簡単にユーザーに思い及ばせていいんスか、とも、思ったり思わなかったり。
連作仕様だから余計に隙を作っちゃうのかなぁ。とか、なんとか。色々と余分に考えちゃうので早く秋篇が来い!!

 

パチパチと拍手、ありがとうございます!!
毎度云っておりますが、本当に励みになります。
ちゃんと創作で返せているのかなぁと思う事は度々あるのですが、ねぇ。

>ハクシュおへんじー。


ゆっくり出来ると思っていたら。


次のイベント合わせの締切まで、実はゆっくり出来ないスケジュールだった事に昨日気付いて、ふたたびプチ修羅場な様相を呈している一弥です。
遅筆だからね…余裕がないとね……もう極道入稿はしたくないよ…。あれ、こっちの気持ち的にも余裕無くなるからね…。
まだ何も連絡とか来ないから、きっと大丈夫なんだろうけれども。
大丈夫だよねーとか云ってると不備の連絡とか来ちゃう間の悪さなので、あんまり云わないでおこうと思います(手遅れ

そんなこんなで、GLFes16も差し迫って参りました。
ウチのサークルの頒布物等の予定はサークルページとかをご覧下さい。
新刊のえっちなやつはサンプルでお察しレベルですが、そんなにぬるぬるぐちょぐちょしてないからね…(笑)
やっぱ、えっちなやつってそーいうイメージじゃないですか…(笑) 毎度ガッカリ案件で申し訳ないです。
あと、あっちには書いていないんだけど、えりにゃんなアクリルチャームも3匹ちゃんと持って行きます。
こちらは、ご希望の方には予価600円にてお譲りする予定。です。はい。

それから、GLFesのイベントが終わってからになりますが、前回色々とやらかした夏篇合同誌のようなテンションでやる秋篇本に関する募集をしたいと思っております。
これは終わってから、こちらとPixivの方で告知を出しますので、ご一読頂けたら嬉しく思います。

 

と、色々やっている間にらくがきしたくなったので描いてみたら、何だか色まで着けてしまった八重垣さん置いておきますね。
秋服な八重垣氏

ハードカバーでも、小さいやつなら文庫本みたく片手で開いて持てるんだぜ。重いけど。

 

昔…と云っても、小学高学年~高1初期の間だったですが、ホントによくゲームして本読んでるような感じだったのです。
特に中学の頃は、中1の終わり頃から図書部に入ったので、より本に触れる機会に恵まれて読んだものです。
自分で読みたいものを棚に戻さずキープしておいたりとか←コラ
で、最近になって、また読み返してみたいなぁと思う児童向けミステリー小説があります。
海外の本なのですが「クロワ・ルス少年探偵団」シリーズと「こちらB組探偵団」シリーズ。
どちらも、小学校の頃に読んだもので、一度読んでおしまい、ではなく、返却期間ギリギリまで何度も読み返しては、描かれていない隙間を色々と妄想してニヤけていたものです(笑)
あと、いまだに強烈に記憶に残っているエドガー・アラン・ポーの『黒猫』と『モルグ街の殺人』。
こちらはホラー分類になっているのかな。『モルグ街の殺人』は世界初の推理小説とも云われていますけれども。
こちらもまだ小坊だった頃に読んだので、全てをきっちりと理解していたわけではなかったのですが。
『黒猫』の方も『モルグ街の殺人』の方もね、表現や挿絵がすんごい怖くて、教室でガチで一人ビクブルしながら恐る恐るページを開いた思い出があります。
今読むと、表現も挿絵もそんなに怖いものではないなぁ、と思うのですが、やっぱりイメージが先行して少しドギマギしながら読み返しました(笑)

よく本は読んでいたのですが、日本の作家の本って数えるくらいしか読んでいないんですよね…。
宮沢賢治も、『銀河鉄道の夜』は読んだけれど、という程度ですし。
当時の自分的には、国内よりも国外の方が刺激があったのかもしれません(笑)
丁度良く思い出したし、また読書を再開してみるのもいいかなぁ。
でも、どんなものであれ、本って、紙の本で読みたい感じありませんか……。
今は青空文庫で色々読めるけれども、どうにも読んだって気がしないんですよね…。
すぐに手に入らない本が多すぎるので、デジタルで読めるのは大変有り難いのですが、ねぇ。
時代について行けてないだけな気もしますけれどもw

 

パチパチとハクシュ、いつもありがとうございまっす!!
ポチポチと押して下さるのはホントに嬉しいです、ありがとうございます(*´∀`)

>ハクシュおへんじー。


GLFes16の新刊、無事に入稿終わったよー!


一時はどうなるかと思ったのですが、無事に今朝(AM3:00頃)、極道入稿してきましたーん!ヽ(*´∀`)ノ
はぢめてだわ、こんなギリギリで入稿したの…。あとは印刷屋さんがしっかり頑張ってくれると信じている。
実は、このエロ本でFLOWERS本は通算10冊目でキリが良かったので、扉をカラーにしたいなーとか、表紙のタイトルとか箔押ししたいなーとか思っていたのです。
いたのですが、すったもんだあって締切的にそんな事をする余裕がなかったので、いつも通りの仕上がりです(笑)
個人誌10冊目の時にリベンジしたい所存。もう何描くかは決めてるんだ…。
秋篇本編の流れを見てちょっと修正しないとかもしれないけれども。

そんな感じで、サンプル以外の本文チラ見せ。(肌色のトコなのでサムネなしで)
ちっぱいが雄っぱいになる…

セリフが入って無くても流れがわかるってステキ←

冒頭でえりか嬢が読んでる本の本文が出てくるんですが、打ってて楽しかったです(´ω`)
パブリックドメインになっているものから何か引用させて頂こうかなとも考えていたのですが、流れが流れだったので自作した方が早かったしね。
あと、女子の身体を描く時は胸を盛らないと、手癖で厚い胸板になっちゃうのが目下の悩みです。
無意識に筋肉質に描いちゃうので、丸っこくするのにものすごく神経使いました……長年のクセってこわい。
でも手首から先はどうやっても細くならないんだよね…ぬぐぐ。
しかし、かなり楽しんで描いたのでよしとしようと思います(笑)

今回は、原稿途中に急激な気温の変化について行けず、体調崩して2日くらい寝込んでたんですよね…(笑)
その分のしわ寄せが締切に来てしまった感。みんなも体調にはしっかり気を付けてね…。

 

そして、パチパチとたくさんの拍手ありがとうございまっす!
原稿中だったので大変励みになりました…!!(ノ∀`)
ありがとうございます、ありがとーございまっす! みんないいひとだよ…!!((*´Д`*))

>パチパチおへんじー。


GLFes16の新刊の本文サンプルを上げました。


Pixivにも同じものを上げておりますが、サンプルはサークルページにて。

…とは云いつつ、まだまだ本文残ってるんですけどね!
後に引けない感じにギリギリにしないとやらない同人根性なのでね!w
こんな進行なので、いつも表紙からやり始めるのです。最後に残すと余計にテンパっちゃうから。

しかし、余裕入稿っておいしいのかな……。

 

ラストスパートをかけるので、また入稿終わったら出没しにくるよ。


GLFes16関係の更新をしました。


スペースNoの通知を頂きましたので、サークルページを更新しました。
頒布物等の詳細はそちらにて。サークルカットは先日記事にしたあれです。
あと、先日ちらっと出したえりにゃんのアクリルチャームですが、このままタンスのこやしにするのもアレなので当日残り全部を持って行きます。
もし見掛けたら眺めてあげて下さい(笑)

それから、ComicGeneration #02へ申込みをしました。
こちらのサークルカットはまた後日に。
今度こそちどすおのピアノネタやるよ。

 

最後に。
自家通販で扱っていたはやて×ブレードの紙媒体の本を、全て頒布終了と致しました。ありがとうございました。
ご入り用な方はDLsite.comさんの方でDL販売をしておりますので、そちらをご利用下さいませ。

 

取り急ぎ、色々と業務連絡でした。
秋篇の公式サイトの様子を見つつ、途中で何か叫びに来るかもしれませんが、入稿するまではしばらく籠る予定は未定。


全力の現実逃避と拍手お返事


…を、している場合ではないのですが。
原稿やってると他のらくがきがしたくてウズウズしちゃうんですよね……(笑)
ゲームやると軽く2~3日潰しちゃうから出来ないしな……くそぅ……。

そんな、現実逃避の代物がこちら。(サイズ:W650×H4500px)
付き添い

えりか嬢が何か大事なものを失ったような気もしますが、ウチの千鳥さんはこういう人。

 

ぱちぱちと叩いて頂きありがとうございまっす! 色々と励みになります。
励みになるのでもっとぶってくれてもいいです。いいんですよ?(M発言

>ぱちぱちおへんじー。


ちどりんはぴばと原稿進捗


フライングはぴばだったのですが、ついったに放った千鳥さんおたおめ絵。
千鳥「………………」

え「ほら、もっと上に上げろって」
千「簡単に云うけどね」
え「日頃の、有無を云わせないあの馬鹿力はどうした?」
千「落とすわよ」
え「いいから、上げろよ」
千「もう……よい、しょ……っ」←イマココ

という、教室へ行く前の自室にて、車椅子へ乗せようとした所に待ったを掛けられた千鳥さんへえりか嬢からのサプライズでした。
この後 、「とりあえず、これで前払いな」とかのたまうえりか嬢を再度ベッドに放るなり、一緒に倒れ込むなりして、全身くすぐりの刑(性的な意味でも可)にでもしてしまえばいいと思います。

 

怒濤の勢いで原稿中なのですが。
今回は一切車椅子を描かなくていいから気が楽です(笑)
あれ結構気を遣うんですよね……有り体に云えばめんどくさい←

で、描いてるうちに魔が差した。
えりか「…本当に白羽か…?」

出来た本と比較するとシリアスが台無しである残念企画。

 

なんとか予定の締め切りまでにやっつけたいところである……がんばろ。


Return to Top ▲Return to Top ▲