Retrovirus
NOTE

Since 2001.02.16 Japanese versiton Only.

カラーをサボっていたら


塗り方をど忘れしたような感じになってきていたので、描かないとだなぁと思ってぬりぬりしたのですが。
千鳥さん
そもそもどう描きたかったのかを見失ってしまったというアレ。

実は、えりか嬢の次くらいにちょお描きやすいんですよね、千鳥さん。
つり目気味なキャラは描きやすいです、元々の絵がそんな感じなので。

 

えりか嬢のヴァイオリンはやっぱり思った通り初めてっぽい感じでしたが、それはそれでおいしいので本編はよという気持ちです。
つか、ナチュラルに「えりかさん」呼びしている蘇芳さんが、なんか、こう……ね…(何
えりか嬢が折れちゃった感じなんでしょうけど(笑)、それに至る過程的なものに切ないものを感じてしまいます。
まぁ、これも自分の思い過ごしだと思うのですが(笑)

Pocket

Return to Top ▲Return to Top ▲