Retrovirus
NOTE

Since 2001.02.16 Japanese versiton Only.

FLOWERS夏篇をやっていて


色々とリアルに思う事もあったりして、すごく複雑な気持ちになったのもよい思い出なのですが。
けど、人の感情って、時も場所も思惑も性別も、なにひとつ違っていても、結局感じるものは同じなのかな、とか柄にもない事を思ったりしました。

そんな気持ちに引っ張られてしまったので、昇華昇華。
…私は…

……久々に真面目に塗ったのに加工したらわかんなくなっちゃったてへぺろ☆
考察として追記したい事もあるのですが、もうちょっとまとめないととりとめなさすぎて駄文以下になってしまいそうです。
夏篇で感じた事を思いながら春篇をプレイしなおすと、また発見があっておもしろいですよ。

 

5月のMG10に予定している夏篇合同誌ですが、ゲストにUPSEPTの萩夏樹さんと太一の館の眼鉄太一さんのお二方お招きしての豪華本になりそうです。
ゲストのお二方、そして共に企画進行を務めて下さるまきむらさんとも、とても大好きな創作をなさる方々なので、企画進行としてでなくただいちファンとして超絶楽しみであります!
夏篇本ということですが、一弥さんは夏篇発売前から変わらずのいつも通り残念な蘇芳さんと不憫なえりか嬢とごーいんぐまいうぇいな千鳥さんで行きますよ。
足引っ張らないようにしないとな……それが目下一番の心配事である。
それから、作るよっていってるクリーナークロス、まだまだ受け付けていますので、よろしゅうです。

Pocket

Return to Top ▲Return to Top ▲