Retrovirus
NOTE

Since 2001.02.16 Japanese versiton Only.

原稿前のリハビリに


前に描き直したいと言ったピアノのアレを描き直してみました。
最近ジャンル的なイメージから全然かっちりと塗ることがなくなっていたので、感覚を取り戻すのも兼ねていつもの塗りで塗った…つも…り……orz
ちょっとカラーやらないと塗り方をがっつりと忘れている罠…。

そんなこんなの、千鳥さんとすおさんtake2。
千鳥さん版の「夏空の光」でもいいかもしれない

背中合わせにするか悩んだのですが、それだとすおさんが弾きにくいだろうしなぁ…と思ってこんな感じに。
そもそもこの2人が同じ椅子に座っているだけでも奇跡な気がしました。
でも、結構懐いてそうだよね、千鳥さんがすおさんに。
えりか嬢との事が落ち着いてきた頃に、今度はすおさんにもちょっかい出してそうな感じがあります。
千鳥さんがアングレカムに残る最大の理由がえりか嬢なんでしょうけれども、彼女以外の選択肢も希望として残して欲しかった気もします。
発表会で吹っ切れたらとっとと出て行っちゃうじゃんね、千鳥さん…(笑)
初めから目的が明確にされていたし、千鳥さんの性格から当初以外の目的もなくずるずると居残るというのはないだろうなとは思うのですが。
…まぁ、それを大幅捏造するのが同人屋のお仕事なんでしょうけれどもw
各バッドエンドのその後って、どこに繋がるんだろう……離別END?
どのみち本編から続くような捏造って難しくなる気がしますな……学院の外じゃないと。
学院内の方が色々都合が良かったりもするんですが、敷地の外で逢い引きというのもアリかもしれません。

 

そういえば、PSP/PSVitaで夏篇が出ると情報が出ておりますねー
しかも、初回に付くドラマCDがPC版とは違う内容ですおさんも乱入するとか聞いて、速攻で予約しました←
EDの「chaleur」もカバー版の歌い手に意外なキャラが、とかありましたが、どう考えてもえりか嬢一択な気もします(笑)
これが、譲葉先輩とかダリア先生とかすおさんだったら、確かに意外なんだけどさ。
一応夏篇の主役なんだし、もう一人の主役はPC版でカバーしたので、だとしたらもうえりか嬢しかいないじゃんね…っていうおれ予想。
つか、えりか嬢がカバーするなら歌詞的に「夏空の光」の方じゃね?とか思ってませんよ…?(´ω`)
でも、これがすおさんだったら、一弥さんがひとりで夏篇発売前のあのテンションで大ハッスルしてしまいそう。絶っ対にないだろうけどw

あと、秋篇……恋愛に重きを置いて……とか……どうなるんだろうか……。
メインは金銀だろうから、創作ネタとしてNL、BL、GLのどれでも一番の大好物である幼馴染CPの愛憎劇が見られるのは楽しみと言えば楽しみなのですが……。
七不思議のミステリーがくっそどうでもいいネタにすり替えられて盛り上がりに欠けるような事がなければいいのですが。
ミステリーの部分が夏篇以上にオマケみたいになってたら悲しいですな……個人的に一番楽しみにしてるのはミステリーの部分なので。

Pocket

Return to Top ▲Return to Top ▲