Retrovirus
NOTE

Since 2001.02.16 Japanese versiton Only.

画面に絵が入るとテンションが上がる(ゲーム製作の話)


例えそれが、作っているものと全く関係の無い絵であったとしても、こう、テンションあがりますよね……単純であるw

そんなテンションだったので、元になる絵を放出しないままに先にネタを放ってしまったので、ここで供養しますね…。
まぁ、後で放るつもりだったネタの方が本命だったので、今となっては良かったのではないかとも思いますが(笑)

そんなすおさんとえりか嬢、どん。
すおさんとえりか嬢

本棚死ぬ。言う程描き込んでないのに死ぬ。
あと、夏の制服は早いうちから手クセで前のプリーツをつけずにずっと描いていたので、公式に則ると死ぬ←ォイ
いまだにどんな感じでキャラを塗っていこうかという迷いが出ているので、どうにかしたい所です……。
作ってるゲームのスチルとか大量に塗っていく過程で固まるのかな……。

で、これを元にしたネタがこちら。


そういうサイズだとそういう事やりたいよねっていうアレでした。
上の元ツイートでは脱字があって「メッセージウィンドウとかしたくなる」ってなっているのですが、正確には「メッセージウィンドウとか出したくなる」です。脱字注意。

作っていたメッセージ枠とかフェイス画像とかの大きさとか透明度とかフォントの装飾とかの具合を見たくて、背景が濃いめのとこを選んで描いた絵でもありました。
あ、フェイス画像はこれだけのために描いたんだっけ……既にうろ覚えである。
このくらいのクオリティを平均で保ちつつグラフィックを作っていきたい所存…………一弥さん、死ぬの……?(´・ω・`)

 

背景を描くのは、下手の横好きですごく好きなんですが、本棚は死ぬ。
背景描きさんすごいなって思います。
線画まではそれっぽくなんとか出来るけど、色を乗せていくとなると、本当にすごい作業だと思う……。

そんな、つらい作業が待っている描きかけのTOP画、どん。
すおえりクリックゲーのTOP案

本棚死ぬ。アホかと。これだけじゃないしね……。
原稿でも本棚を大量に描く度に「次はもう描かない!(ノД`)」って思うのですが、図書室ってすおさんとえりか嬢のホームじゃんね……無理じゃんね……。

それぞれのルートクリアで、ここにキャラが足されていくほんの少しだけ絵が変わるタイプで考えています。
そんなにルートも別れていないし、難しい分岐にもしていないので、淡々とクリックしていればあっさりと終わる短いものですが。
ボイスがない分余計に短く感じて、キャラボイスをつけるのって尺を取るのに偉大な方法だなって思った事はここだけの秘密ですw

 

……ただすおさんとえりか嬢をいちゃいちゃさせたかっただけなんだよ……!!(´Д`;)
自給自足が極まるとこんな事もし出すといういい見本である。

Pocket

Return to Top ▲Return to Top ▲