Retrovirus
NOTE

Since 2001.02.16 Japanese versiton Only.

毎度暑い時期の今年Ver


毎度毎度暑い時期になると乳とか尻とか描いている気がしていますが、去年やらなかった気がするので今年は描いた(というか、昔ついったにラフ画だけ投げっぱなしにしたのをきちんと仕上げた)ようぇーいwww

事後 de おめざ?

長細いのは気にしない方が吉。
そこはかとなく見えている気がするけれど気のせいなので気にしない方が吉。
こいつは何回制服上着羽織ってるだけな久我さん描くんだよ本当に好きなんだなとか思っても気にしない方が吉。
色々お色気的に頑張ったけど、それっぽく見せようとするとそれっぽくならないのでもう諦めましたよ……ふぁっきん!!

—————————————————-

前まで使用していたワコムさんの替え芯であるストローク芯が壊れて、新しい替え芯待ちだ、みたいな話を前回したと思うのですが。
巷で噂のステンレス芯なるものを入手致しまして、今回線画のクリーンアップとか塗りとかをこいつでやってみました。

今回入手したのはサークルつくってあそぼさんのステンレス芯です。
こちらは、7種類の書き味の違う芯を取り扱っていらして、今回は一番スタンダートな銀とワコムのフェルト芯よりも少し抵抗の軽い赤の2種類を購入いたしました(※詳しい種類の説明は上記サイトの販売ページを参照)
個人的な体感として、銀はタブペンのデフォルトであるプラ芯よりもツルツルしていてとても滑りが良く、赤はマジックインキのペンでざかざか描いているような感覚でした。
ワコムのフェルト芯使った事ないんで、向こうがどんな感じなのか分からないんですがねw
ラフをガシガシ描くのは銀のツルツル感が最高にCOOOOOOOL!!!!って感じでした。
芯先がよく滑るので妙な力がかからず楽に線が引けます。
ただ、きちっと線を引こうと思うと滑りのクセが出すぎるので、クリーンアップ時は赤の芯に差し替えて使いました。
赤は自分的に心地の良い抵抗感があるので線を引くのにとても適していると感じました。
これは描き手さんの手クセやタブ板の描画面のクセ(つまり、貼ってあるシートのコンディションとか)が一番現れると思うので一概にこれだ!みたいな決め打ちは出来ませんが、自分の環境的には赤が丁度良いのだと思います。

筆圧が高いせいで片ちびしたストローク芯は無駄な力がかかるのか、前は描いている途中でしばしば手首が痛くなる事がありましたが、今のところそういう事もなく楽になったのも嬉しい限り。
うん、なかなか良い買い物をしました。
単価としてはあまり安くないですが、長い目で見るとコスパも良さそうで、これからどれだけ持つのかも楽しみです。

Pocket

Return to Top ▲Return to Top ▲