夏篇プレイ後に、春篇も交え色々と考えを書き散らかしているのですが。
ちょいちょいと考えては散らかしていたので、秋篇で少しでも解答的な答えが得られるといいなぁと思う項目をざっくりとまとめようかと思います。

以下、箇条書きで。

 

譲葉先輩を殴ったのは?

  • 意見の食い違いからニカイアの会の人間か学園関係者 or 思い人を攫われた片割れの怨恨
    • 会長としての立場よりも、ネリー先輩絡みでいちゃもんをつけられた?

 

アングレカムの敷地内について

  • 一帯の土地(山一個)を所有している可能性
  • 現在使われていない建物が複数存在している可能性
  • 生徒が誤って立ち入らないように、建物への道は意図的に封鎖してある?
  • 建設当時の世情を考慮すると、敷地内のいずれかの場所に防空壕や収容シェルターのような物が存在している可能性
    • ヨゼフ座はその名残として地下にある?
  • マユリが残した「天に行われるごとく、地に行われるように」という一節を考慮するなら、学院か近しい場所の地下に多人数が生活可能広い空間が存在している?
    • 学院の意思によって攫われた生徒はすべからくここで何らかの特別教育を受けている?
    • 同性愛への罰則に基づいて収集されるならば、改心させる名目で強制的に修道女としての教育を施されている?

 

「真実の女神」は誰?

  • 現時点では、学院側の教師でもあるダリア先生が有力
    • 譲葉先輩殴打事件や、フックマン事件時のダリア先生被害を考慮すると、ネリー先輩も十分にありうる
      • 副会長の立場を存分に利用している?
    • フックマン事件時にダリア先生が特別教室棟にいたのは、蘇芳さんがマユリ失踪の事を調べ始めた事を受けて証拠隠滅を指示された、または自身がその証拠を探していた?
      • 後手に回ったのは美術担当の教師から話を聞くまで、マユリの残した絵について知らなかったから?
      • その際の協力者は譲葉先輩ではなくネリー先輩?

 

沙沙貴姉妹について

  • 春篇の血塗れメアリー事件の折に、姉は実行犯、妹は知能犯、という役回りだと思っていた
    • 「姉が計画して妹はそれに従っただけ」とあったけれど、妹から何かしらの口添えがあったと思われる
    • 譲葉先輩を交え七不思議の話をしている際の妹の発言や、他での鋭い発想、存外に博識な所から、実際に頭の回転が速いのは妹の方だと思われる
    • それを踏まえると、片方に合わせていたという発言は妹の発言になるが…?
    • とぼけた発言をする事の多い姉の方が妹に合わせているのだとしたら、相当な食わせ者
      • そう見ると徹底されて過ぎている感も否めないので、姉はあれが「素」という可能性も捨てきれない(が、故に姉も怪しい)
    • 譲葉先輩に接近した事で、どちらか、或いは両方が今度こそ七不思議に乗じて拐かされる可能性大

 

結局、マユリは戻ってくるのか

  • 戻ってくるという確信めいた予感がある
    • 作品の最後をハッピーエンドで締めるのだとしたならば、これは必須条件だと思うのだけれども…
    • 『FLOWERS』における本筋の主人公である蘇芳さんだけ「相手がいた」という過去形では終わらないと思うから
    • 春篇パンフレット掲載のSSが、マユリとの再会を示していたから←これが一番理由として大きい
      • 同じ流れではなくとも、本編への可能性を匂わせる内容が多いから
    • 七不思議に乗じられた生徒失踪の謎について譲葉先輩が「ホームシック」だと諭した際の蘇芳さんが納得していないままだから
      • 一番最もな理由ではあるのだけれど、最もな理由だけにきな臭さが残る

 

他にも何かあった気がしたのですが、思い出せないのでこの辺りで(ぁ

冬に向けて、誰かが消えちゃうような事があるのかなぁ…とか。
今回の事で一番の瀬戸際は沙沙貴姉妹だと思うんですよね。
ちどえりの所は、なんかこのままの状態でスルーされてそうなんですよね。えりか嬢の身体の事があるので。
ただ、蘇芳さんの事でうだうだやってるえりか嬢に業を煮やして、千鳥さんがどストレートにすごく際どい所を無自覚に斬り込んでいくのではないかなぁ、と云う期待もちょっと持ちつつ。
ニカイアを離れた金銀が「お前ら付き合ってるだろ」って事で即座に学院側から粛正されちゃうのも、それはそれでおいしい所だとも思うのですが(笑)
そこまではならないだろうなぁ……あと一歩の所が温い気がしちゃうんですが。
電撃のプレイレポートのインタビューで、終わり方について杉菜さんがちょっと言葉を濁したので、期待しちゃうじゃんね……。

 

色々垂れ流してはいますが、これらとは全然違って、嬉しい方向に唸らせてくれる展開だととても幸せなのですが。
あと2日。静かに待ちたいと思います(笑)