前々から行く気まんまんだったニトロプラス原作の映画『楽園追放 -Expelled from Paradise-』を見てきました。
ものすごいwktkしながら見ましたよ、えぇ。
いやぁ、見に行って良かった(´ω`)

一言で言うなら

「少し短めのニトロプラス製SFなAVGを全TRUEフラグ回収したルートでクリアした気分」

でした。いや、マジで。
ニトロプラスのSFが好きなら絶対に見に行った方がいい。

まどマギ』とか『Fate/ZERO』とか『PSYCHO-PASS』とか『ガルガンティア』とかで虚淵さんを知って、「虚淵さん脚本だから見に行こう!」という方には、ちょっと毛色が違うかもしれません。
個人的には、上記作品は「虚淵さん個人色」が強い作品達だと思っていて、『楽園追放』はあくまでも所謂「虚淵色」ではなく、「ニトロプラスというゲームブランドの中での虚淵色」だと感じたので。
大変良いニトロプラスのSFでした。こーいうのやらせるとニトロは強いもんね。いいよね!

手放しで褒めていますが、惜しい部分も結構ありました。
もうちょっとアンジェラとディンゴの衝突があっても良かったかな、とも思ったし、アンジェラの強行姿勢ももっと強い方がディンゴが際立つのではないかと思いました。
まぁ、アンジェラがそこまで愚かだったら優秀なエージェントたりえないのだとは思いますが、もうちょっとディーヴァである事の誇りや驕りが尖っていても良かった気もします。
終始ディンゴが「ただのいいやつ」ポジションなのが気になったくらいですかね……時間尺の問題かな。

アンジェラの中の人がくぎゅだったので一体どんなツンデレなのかと期待したのですが、個人的には大変すばらしいくぎゅでした。
ディンゴも三木眞という時点でキャラの方向性がわかってニヤニヤしましたし。
フロンティアセッターはいい神谷でした。あれはいいロボ声。
後半出てくる脇のやられ役に林原・みなみさん・三石とかどんだけwwwとも思いましたし。
バックにつくのが資金持ってると違うよね…ww

理論的に評価するのは得意ではないというか、難しく評価するのはあんまり好きではないので、いつもながらとりとめない言い方ですが、総じて良作だと思いました。
作品に対しての感想とかってそれこそディンゴが言っていた「骨で感じる」ものだと思いますしね。
ニトロからSFなAVGとしてゲーム出すといいよ、マジで。

 

いやぁ、基本的に映画はDVDで見る人生だったので映画館なんて一体何年ぶりだよwwwみたいな感じで、館内もおれの知ってる映画館と違う…ってなっていたのですが。
最近の映画館のチケットってWEB予約が出来て、しかも自分で好きな座席押さえる事が出来るんですね……すごい←
今まで映画館まで見に行った映画って、ドラえもん2本、スレイヤーズ2本、天地無用!1本、ハリーポッター1本だけなので、なんだか色々新鮮でした。

CM見て『アップルシード アルファ』が超おもしろそうでwktkしました。
あと、『PSYCHO-PASS』の劇場版も地元でもやるそうで安心しました。これは見に行かねば。
他に気になったのは、ようやくラストを迎える『ホビット 決戦のゆくえ』とブラピ主演の『フューリー』ですかね。
しかし、『ホビット』は全作通して見たい気もするので、DVD待ちかなぁ…。
目下の目標は『PSYCHO-PASS』ですかね。2期の1話をうっかり見逃してからというもの、2期は全く見ていないのですがw
これこそDVD待ち作品の代表だわ……ひかりTVでやってくれないかな……。